肉体疲労はEDと射精力ダウンの原因です

たかが肉体疲労と、体の倦怠感を侮ってはいけません。
人のメンタルと肉体は時々、足並みがズレます。
頭ではもっと働きたいと思っていても、体が疲労困憊で動かない、そんな時は素直に肉体の意見に従うべきです。

現代人は頭偏重の暮らしに慣れすぎています。
疲労は肉体から出る警告信号です。
酷い疲労困憊を感じているときは既に赤信号になっていますので、目の前の仕事を片付ければ素直に休息を取らなければいけません。

肉体疲労が慢性化すると、それは次第に精神を蝕みます。
精神に不調を来すと、射精力や男性機能が落ちるEDを発症します。
肉体疲労が日常化すると、精神が麻痺してしまい、本当は休息が必要なのに逆にハイテンション状態になり、ワーカホリックという危険な状態に至ります。

仕事熱心な男性がEDに苦しみ、射精力の減退を悩む事がありますが、それはある意味で当然の結果かもしれません。
仕事熱心とワーカホリックは紙一重であり、仕事を私生活より優先し過ぎる方は、EDの予備軍と考えて良いでしょう。

完全なEDになっていない場合でも、射精力が落ちているなら、軽度のED状態の可能性が捨て切れません。
射精力が落ちると、頻尿のような射精状態となり、セックスの快感が落ちます。
また精液を女性の膣の奥底まで発射する力が無くなりますので、恋人や妻に与える満足感も低下するでしょう。

射精力が落ちた状態でセックスを繰り返しても、精液量が少なく、更には膣の奥まで届きづらくなりますので、回数を稼いでも、妊娠する可能性が減ります。

そこにED特有の中折れといった不具合が加わると、更に妊娠の確率は低下しますので、体調不良を実感した際は、肉体疲労を十分に癒やす処置を取りましょう。
まずは何事も体優先、それが現代人にとって大事な発想です。