薬の通販に対する医師の反応

薬の通販は、近年より一般的なものとして認識されるようになってきました。
昔はインターネットで薬は買えませんでした。
しかし、日本国内で流通していない薬は認可によって販売することができるようになり、法律の改正などもあって可能になっています。
これによって、より多くの人が様々な薬を手に入れられるようになりました。
これは、大きなメリットもありますが、同時にデメリットもいくつか存在しています。

病院で薬を処方している医師たちは、この薬の通販について様々な反応を示しています。
医師の反応としては、良い傾向だと考える人も中にはいますが、多くの医師があまり良いものではないと考えています。
その理由としては、安全性が確立されていないからというものが挙げられます。
通販ということは、どのような人が薬を扱って販売しているかが直接には分かりません。
それと同時に、本当に販売者がその薬についての十分な知識を持っているかも分からないのです。
ちゃんとした知識を持っている人であれば問題はありませんが、そこを判断する材料が少ないことが懸念される原因となっています。
また、購入する側も、その症状に適した薬なのかを判断する能力が低い場合に、安全な使用ができなくなるという不安もあるため医師の反応はあまりよくありません。