ED治療法は二通り、ストレスの問題は専門医に相談

EDの原因は、一般的に加齢や肉体疲労、遺伝的要因が考えられます。
しかし、身体自体は健康体、更にはセックスへの意欲も十分にある男性でもEDを患う事があります。
ストレスが引き金となってED体質に陥るパターンが存在し、40代以下の勃起障害は基本的にこちらのパターンである可能性が高いです。

無論、加齢による影響は軽視出来ません。
しかし、男性の性機能が加齢によって確実な減退が始まるのは60代以降になります。
個人差があると言っても、30代から40代の間に、加齢だけの原因でペニスが勃起力を失う事はそうそうありません。

ストレス性のEDだった場合、治療法には二つのやり方が出て来ます。
まずは家庭内でストレスの解消を目指すやり方があります。
休日はゆっくりと過ごす、働き過ぎを未然にやめる、ワーカホリック気味なスケジュールを変える、やめていた趣味の時間を再び取り戻す、家族や恋人とまったり話す時間を意図的に作る等、家庭の中だけでもストレスを癒やす活動は可能です。

ただし、一方で既にストレス性のEDが激しく表面化している場合は、民間のクリニックに相談した方が良いでしょう。
クリニックへの相談、そしてED治療法の処方を受ける事が、二つ目の治療法になります。
しかし既に強迫神経症などの精神的不調を実感されている方であれば、先にメンタルクリニックに相談した方が良いかもしれません。

メンズクリニックとメンタルクリニックは同時に通院出来る施設同士です。
先にメンタルクリニックに受診し、ストレスのもととなっている原因を専門医に相談すれば、精神的な負担が減らせます。
ある程度、ストレスが無くなり、気分的に落ち着いてからメンズクリニックに相談すれば、ゆったりとした心構えでEDのカウンセリングが受けられますので、先に精神的な負担を減らしてからED治療を受けた方が効率は良くなります。